【7.1ch対応】PS4で使える本当にオススメなヘッドセット5選!

仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)とは?登録・入金方法を解説

ビットフライヤー

CMでもお馴染みのビットフライヤー(bitFlyer)は国内最大手の仮想通貨取引所です。

もちろんイーサリアム(ETH)などのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を多数購入することができます。

今回はそのビットフライヤーとは?登録方法は?入金の仕方は?などの疑問をまとめて画像多めで解説していきたいと思います!

bitFlyer公式HPはこちら

ビットフライヤー(bitFlyer)とは?

ビットフライヤーは金融庁に仮想通貨交換業者として平成29年9月29日に登録されている国内の仮想通貨取引所です。

みなし業者等でない、国から認められている公認の仮想通貨取引所なので取引する上でも安心な取引所とも言えます。

アルパカ君

でもcoincheckもハッキングされたよね?安心なの?
安心に取引する上でそこは気になるよね!

たりょち

ビットフライヤーはセキュリティでも万全と言えます。

下記で解説します。

ビットフライヤー(bitFlyer)は安心出来る取引所?

coincheckでのNEM(XEM)ハッキング事件が記憶に新しい方もいると思います。

実際にこの事件で仮想通貨の認知度は急速に上昇したと思いますし、不安に思いますよね!

そこでビットフライヤーのセキュリティ面はどうなのか?を解説します。

ビットフライヤーのセキュリティ対策一覧

ビットフライヤーは大手金融機関より強固な暗号技術を使い、利用しているユーザーを守っています。

  • SSL通信:全ユーザーの個人情報を守る為にユーザーからの情報を全暗号化
  • 世界最高認証局DigiCertのSSL証明書の採用
  • DigiCertの証明書で最高強度のEV*1を採用
  • セキュリティ強度が高いSHA-2(SHA-256)*2の採用
  • FW(ファイアウォール)による社内環境の防御
  • WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)*3による不正アクセスの常時監視・負荷分散
  • DNSサーバーIP Anycast*4の導入によるネットワーク負荷分散

ユーザー側への対処

  • パスワードの強度チェック(簡単なものを登録させない)
  • アカウントロック機能(一定数のパスワード間違いによるロック機能)
  • SNS・メールアドレス・認証アプリによる2段階認証設定
  • ログイン履歴管理(ログインした際の通知など)
  • 自動タイムアウト

*1/EVとはExtended Validationの略で証明書の組織が法的にかつ物理的にいるものを証明しているもの

*2/近年なりすましなどでセキュリティ面が心配されているSHA-1を遥かに凌ぐセキュリティ強度

*3/FWでは防御出来ないwebアプリケーションへの通信内容の検査、遮断

*4/共有IPアドレスで同じサービスを動作させることによるサービスの標準化、攻撃された場合のリスク分散

そしてビットフライヤーのセキュリティが高いと言える理由がまだあります。

それがマルチ・シグネチャ機能

マルチシグは事前に作られた3つのプライベートキーのうち2つの署名がないと送付などが全く出来ないもの。

例えば一つの重要なプライベートキーが第3者に盗まれたとしてもあと一つのプライベートキーがないとビットコインウォレットにアクセス出来ないからです。

この3つのキーは別設計のプラットフォームで作成されているキーなので同時に侵入することは非常に困難と言われています。

そしてコールドウォレット

ネットワークから隔離された場所にビットコインを保管することによりインターネットからの攻撃から守ることが出来ます。

※CoincheckでハッキングされたNEM(XEM)はホットウォレットで管理されており、ネットワークから隔離されていない管理方法だったので盗難されたのでは・・・と言われています。

難しい言葉がかなりの数並んでいますが、裏をかえせばビットフライヤー(bitFlyer)セキュリティはそれほど強固で安心な取引所と言えますね♪

アルパカ君

安心なのはわかった!じゃあ登録はどうりゃいいんだ?
じゃあ詳しい登録方法も紹介するよ!

たりょち

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法

 

bitFlyer公式HPはこちら

上記のボタンからまずはHPにアクセスします。

セキュリティを考慮し、SMSとの連携ではなくしっかりメールアドレスを登録しアカウントを作成しましょう!

ではさっそく登録方法の解説をしていきます。

メールアドレスを登録しアカウント作成

bitFlyer

メールアドレスの項目にご自身のメールアドレスを記入し、アカウント作成をクリック

すると指定したメールアドレスにメールが届きます。

todokume-ru

このようなメールが届きます。

ここに記載されているキーワードを入力していきます。

認証画像

キーワードのスペースにメールに記載されているキーワードを入力し、アカウント作成をクリック

利用規約の確認

利用規約

利用規約の同意です。

4項目ありますが全てにチェックを入れbitFlyerをはじめるをクリック

2段階認証の設定

2段階認証

2段階認証設定画面が出ます。

  • 認証アプリを使う
  • 携帯電話のSMSで受取る
  • またはメールで受け取る

とありますが推奨は認証アプリSMS認証です。中でも私は認証アプリの利用を強くオススメします。

2段階認証についての詳しい記事はコチラ

2段階認証ってなに? 【2FA】2段階認証って必要?設定方法や重要性を解説!

完了画面完了したらこの画面が出ますので完了をクリック

個人情報の登録

個人情報

確実に、漏れがないように。

ここで虚偽の情報を入力すると本人確認が完了しません。

確実な記入を行いましょう。

ここで記載する情報は後に解説しますが、提出する予定の本人確認書類と同じ情報にしましょう!

提出

入力が完了したらこの画面が出ます。

続けてご本人確認資料を提出をクリック

本人確認書類を提出

本人確認

本人である証拠を提出する必要があります。

その為に自分の本人確認資料を選択するのですが、画像でも記載があるうちの一つを提出すればOKです。ちなみに私は免許証を選択しました。

主な本人確認書類はこちら

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 各種健康保険証
  • 住民票写し
  • 印鑑登録証明書など

ご自身で一番提出、準備しやすいものでいいかと思います。

提出

提出書類を選択し、画像を選択します。

ブレていたり、顔が認識しにくいとビットフライヤーから本人確認が出来ませんと返ってきます。本人確認は時間がかかるので、提出用写真を新たにしっかり撮影して提出しましょう!

パスワードの再設定

パスワード

最初に届いているパスワードはランダムのパスワードなので自分で管理しやすいパスワードに変更しておきましょう!

注意
※出来るだけ長くて複雑なパスワードにしましょう!使いまわしているパスワードなどは危険です。資産が取られてから後悔しても遅いですよ!

ウォレットクラス

ウォレットクラス

ビットフライヤーにはアカウントクラスがあります。

上記の画像を見るとなにが出来るのか?は一目瞭然ですが、本人確認が終わるまであなたのアカウントクラスは「ウォレットクラス」です。

簡単に説明するとウォレットクラスではビットコイン・その他のアルトコインの購入・売買は出来ません。

しかし日本円の入金等は自由に出来ます。

本人確認が完了するとすべての取引が自由に出来るようになるトレードクラスに昇格します。

本人確認は時間がかかります。
大体はやくても2~3日程度で本人確認完了のハガキが届き、そのハガキを受けった時点で本人確認完了です。
これは本人のみが受け取れる郵送物になるので、届いたかどうかはシステムで自動的にビットフライヤー側で判断出来るからです。

急いで取引を始めたい方は早めの登録をオススメします。

bitFlyer公式HPはこちら

 

ビットコインやアルトコインを買ってみよう!

アルパカ君

開設したのはいいけどどう買えばいいのか・・・
これから簡単に紹介するよ!!

たりょち

アカウント開設したものの買い方がわからない・・・という方は少なからずいらっしゃると思います。

私も実際にそうでした。

そこで簡単に購入方法について紹介したいと思います。

その前に知っておいて頂きたいのが、ビットフライヤーには販売所取引所が存在します。

販売所と取引所の違い

販売所

販売所はビットフライヤーがビットコインやアルトコインを販売している言わばお店みたいなもの。

販売所

画像がアルトコイン販売所、ビットフライヤーでは現在合計6つのアルトコインの取り扱いがあります。

  • ・イーサリアム(ETH)
  • ・イーサリアムクラシック(ETC)
  • ・ライトコイン(LTC)
  • ・ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ・モナコイン(MONA)
  • ・リスク(LSK)

上記の画像はイーサリアム(ETH)を選択しているものです。

価格

見てお分かりでしょうか・・・

購入価格62,209円

売却価格57,951円

で販売されています。

※記事作成時のレートです。変動します。

つまり62,209円で購入し、やっぱり売却しようと思っても既に5,000円弱損する状態で売却しなければなりません。これが販売所の闇であるスプレッドと言われるもの(購入時と売却時の価格差、この差や手数料で販売所は利益を出しているのです。)

つまり62,209で購入し、利益を出すには5,000円の価格上昇がないと売却しても利益が出ないとも言えます。

なのでアルトコインを購入する際に販売所ではない取引所で購入することを強くオススメします。

※国内大手のbitbankZaifなどの取引所はアルトコインの販売所ではなく、取引所で購入出来ます!もしアルトコインを購入する際は上記の取引所で購入しましょう!

bitbankやZaifの登録方法や取引の仕方も随時更新していこうと思っています!

取引所

取引所は個人間でのやりとり(売買)が出来ます。なのでスプレッド差は少なく、一番仮想通貨取引としてオススメする購入方法です。

取引所

取引所には買い板と売り板というものがあり、この値段で買いたい!この値段で売りたい!というユーザーが設定した数量と、価格で並べられています。

ビットフライヤーではビットコインのみ取引所があります。

ビットコインを購入するなら取引所がオススメです!

入金方法

入金方法はいくつかあります。

入金説明

通常の銀行入金であれば日本円ご入金から銀行情報を入力、登録し入金でOKです。

画像はクイック入金の画像ですがご自身の好きな方法で24時間365日入金が出来ます。

銀行は営業日があるので翌日振り込みや土日またぎでの入金になる場合もありますが、このクイック入金では即座に入金が可能です。

しかし注意点があります。

注意点

入金したお金で仮想通貨購入は可能だが、その通貨の移動は7日間の移動制限あり

入金は30万円が限度額

クイック入金の手数料が現在324円かかる。

 

この点を踏まえても急いで入金したい場合はありがたいシステムではありますね。

まとめとたりょちが思うこと

いかがでしょうか?

仮想通貨はまだまだこれからであり、世界をもっとよりよいものにしてくれるものだと私は考えています。

仮想通貨はまだまだ投機・投資対象であり日本人は新しいものをとりあえず拒否してしまう方も多いので怪しい・・・という方も多いのが現状です。

そんな中この記事をご覧になっているということは、仮想通貨のことを少しでも知っていて興味があってのことでしょう。

一緒に仮想通貨を楽しみましょう♪

最後に・・・

仮想通貨取引は初心者の方には少し難しいですよね。私も最初取引板をパッとみても理解出来ませんでしたし、手を出しにくいな・・・敷居が高いな・・・なんて思っていました。

なのでインターフェースがわかりやすく、一番購入と売却がわかりやすいcoincheck(販売所)で購入してました!

お金を使います少しでも怖いという気持ちがあるなら最初は販売所で購入も悪くないのかなと私は思います。

ただ、販売所は購入した瞬間、購入価格より”少し損”してしまうのも頭に入れておいて下さいね。

長くなりましたがこれからも楽しい暗号通貨生活を!

ばいち!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です